関節リウマチの悩み|告白する?隠す?カミングアウトした体験談

この記事を書いた人
りょうこ

こんにちは! 歩くこともできなかったリウマチ線維筋痛症アレルギー無月経をわずか2年で全てやめて、その中の4ケ月で劇的変化を経験したりょうこです^^

関節リウマチはけっこう見えづらい病気。

程度にもよるかもしれないけど、一見しただけでリウマチをしているかどうか分からないものなんだよね。

だから、隠そうと思えば隠せてしまえる。

隠せてしまえるからこそ、誰にどこまで話すか悩んでしまうことも・・・

 

もしあなたがリウマチをしているなら、

あなたは周りの人にリウマチのことを話してるかな?

 

話そうかどうか迷ってる・・・

話したら相手がどんな反応をするか気になって言えない・・・

 

そんな風に考えたり、悩んでいる人のちょっとでも何かの参考になればと思い、

今回はわたしが周りの人にリウマチのことをカミングアウトした時の体験談をお話しするね。

 

リウマチをカミングアウトした時の体験談

わたしは仕事で必要な人には話したんだけど、

友達には悩んで、発症してからしばらくしても話せずにいたんだ。

 

わざわざ言うことでもないし・・・

説明もちょっと面倒だし、

変に気をつかわれても嫌だし・・・

そんな思いと、

ちょっと病気をしている自分を知られるのは恥ずかしいという思いが、

この頃はあったんだよね。

 

でも病気に対する考え方が変わってきて

「病気って恥ずかしいことでも、そんな悪いことでもないんだな〜」

って気づいてからは、人に話すことが平気になってきたんだ。

 

だから、この人には伝えておきたいなって人には

「実はね・・・」ってリウマチをしてたことを話すことにしたんだ。

 

リウマチを職場の人、友達に話してどんな反応が返ってきた?

反応は人によって千差万別だったよ。

  • 辛そうな表情をする人
  • 「リウマチって何?」とリウマチを知らない人
  • リウマチについていろいろ聞く人
  • さらっと「そうなんだ」と深くは聞かない人
  • すごく気を使う人、使わない人
  • 「実は私も・・・」「私の家族も・・・」とカミングアウトする人
  • 痛いと伝えた手首をなぜか掴んでくる人
    (これは予想外の行動すぎてめちゃめちゃビックリしたな〜笑)

いろんな人がいたな〜。

 

相手もカミングアウトってパターンは意外とあって、

口には出してなくてもリウマチをしている人、悩んでる人って周りにもいたんだなっていうことを、この時はじめて知ったんだ。

 

リウマチだと話してよかった?

わたしはしてよかったと思ってるよ。

人によっていろんな反応をするのを見れて面白かったし、

リウマチのことを話して、自分自身もスッキリした気持ちにもなれたんだ。

 

1回誰かに話してしまえば、

「こんなもんなんだ」という感覚にもなったかな。

 

そして、何より話してよかったのは

「ああ、わたしにとってリウマチは、簡単に人に話せるくらいの存在になったんだな」

と実感することができたこと。

 

リウマチに対する見方が変わると、心がどんどん軽くなって

不思議と体もそれに応えるようにどんどん痛みなどが軽くなっていったよ。

 

だから、やっぱりわたしはリウマチのことを話してよかったと思ってるんだ^^

 

リウマチのことを周りに話すか迷っているあなたへ

もしも、言いたくないという気持ちがあるのなら、無理に話さなくてもいいと思う。

ただ、話してみようかなと思う気持ちがあるなら、話してみるのもいいと思うんだ。

 

自分の心の声を聞いてみる。

自分の心を優先してみる。

 

話した方が良いか、悪いかというより

話したいか、話したくないかという

あなたの意思を大切にしてみてね。

 

もしも、話したくないなら

そう思う気持ちも認めたうえで、

どうして話したくないと思っているんだろうと考えてみるのもいいかも。

 

もしも、話したい、伝えたいと思うなら

そう思える自分の気持ちに素直に従ってみよう。

 

伝えるか、伝えないかはあなたの自由。

相手がどんな反応をするか気になっちゃうこともあるかもしれないけど、

相手の反応は相手の自由。

 

それよりも自分が伝えることができたということ

話したいと思って、それを実行できたすごさの方に

ぜひ、目を向けてみてね^^

 

さいごに

いかがでしたか?

今回はわたしがリウマチをカミングアウトした時のお話しをしたよ。

 

わたしはリウマチになったことをきっかけに、脳や体の仕組みを学び、

考え方や心のあり方がどれほど体に影響を与えるか知ったんだ。

だからこそ、リウマチを卒業するために

体だけじゃなく、脳や心にアプローチする方法を取り入れたんだよね。

 

発症当初は家族以外誰にも言うことができなかったのに、

その後すんなり周りにカミングアウトできたのも、

リウマチに対する考え方が変わったからこそできたことだと思うんだ。

 

以前の記事でも、

わたしがどんなことをしたかより詳しく伝えられるように「ブログとは違った方法で公開する企画を計画中」ってお知らせしてたんだけど、

その企画がやっと形になってきたよ!!

待ってくれてた方、本当にお待たせしました。

近日公開予定なのでお楽しみに〜^^

りょうこ

ブログで報告するから、またチェックしてみてね♪

 

「リウマチと脳って関係あるの?」

「脳へアプローチってどうゆうこと?」

というあなたは、こちらの記事をどうぞ!
非公開: リウマチを卒業してより豊かな人生を創るための7日間メール講座

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとう(*´∀`*)

あなたのより健やかでより幸せな日々のお役に立てたら嬉しいです!

こちらの記事もオススメだよ。
なぜリウマチが治らない?家族のサポートを当たり前と思う心理の裏 実際にリウマチ治療費用の金額はいくらかかる?保険適用外の場合もある? 関節リウマチは遺伝する?確率は?遺伝子が変化するって本当?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です